沿革
大正4年 猪野嘉次郎個人商店として創業
商標を『雀正宗』とする
昭和6年 時の首相・犬養毅氏の名付けにより商標を『雪雀』と改める
昭和27年 株式会社猪野本店として法人組織に変更する
昭和36年 二代目社長として猪野洋平が就任する
昭和40年 雪雀酒造株式会社と名称を変更する
昭和41年 猪野字朗が社長として就任する
昭和58年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
昭和59年 焼酎乙類の酒造免許を取得。焼酎蒸留装置新設
昭和60年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
昭和61年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
リキュール類の製造免許を取得
昭和62年 仕込蔵、酒母室冷蔵設備完成
昭和63年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
平成1年 製品倉庫新築完成
平成2年 雑誌「特選街」主催 全国日本酒コンテスト純米酒部門において
『純米吟醸』が<全国第一位>となる
平成3年 屋外タンク(60kL)二基新設
平成4年 瓶詰工場に渋谷工業瓶詰ライン及び機械設備新設
平成5年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
平成6年 地上二階(床面積412)低温貯蔵庫新築完成
プレート式熱交換機新設
平成7年 雑誌「特選街」主催 全国日本酒コンテスト純米酒部門において
『媛の愛・天味』が<全国第三位>となる
酒母室新築。新店舗及び事務所新築
平成8年 徳島精工原料処理プラン新築
水濾過装置(逆浸透膜装置)導入
平成9年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
雑誌「特選街」主催 全国日本酒コンテスト純米酒部門において
『風恋』が<全国第一位>、純米酒部門において『純米吟醸』が<全国第二位>となる
平成10年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
製造部 総杜氏 田窪幸次郎が、卓越した酒造技能者として労働大臣表彰を受け、
日本の『現代の名工』に選ばれる
平成11年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
平成14年 全国新酒鑑評会において最高位<金賞>受賞
平成15年 全国新酒鑑評会において《通算10回目》最高位<金賞>受賞
平成18年 猪野敏朗が社長として就任する
   
▲ページの最上部へ
←Back