ラベル豆知識
雪雀の「ウララベル」

雪雀の「ウララベル」には、そのお酒の持つ特徴や酒質タイプをわかりやすく表示しています。また、日本酒度、酸度、精米歩合、飲み方なども合わせて表示しています。
このページでは、そのラベルの見方や、各項目の解説をしています。ぜひ、お酒の購入の際に参考にして下さい。

1. 酒質タイプ

右上に表示しているタイプ(このラベルでは「純米吟醸」)は「清酒の製品品質表示基準」にそって品質を区分したものです。
さらにくわしい内容は「清酒の区分・表示」をご覧下さい。

▲ページ最上部へ

2. 日本酒度

甘・辛をみる目安として用いられます。日本酒の比重は糖分の濃度に比例しているため、水の比重を日本酒度±0とし、それより糖分が多いものは−(マイナス)をつけ“甘口の酒”、糖分が少ないものは+(プラス)をつけ“辛口の酒”となります。
数値が多くなれば、甘辛がそれぞれ強くなります。

▲ページ最上部へ

3. 酸度

味の濃淡を見る目安になり、日本酒に含まれる有機酸の程度を表す数値です。
大きく分けて、酸度が1.5以下が淡麗型、1.5以上が濃醇型ということになります。

▲ページ最上部へ

4. 精米歩合

精米前の玄米量と精米後の白米量の割合です。一般に、白米の精米歩合が低いほど、口当たりが柔らかく調和のとれた良い酒が出来ると言われています。

精米歩合 (%) =白米 (kg) /玄米 (kg) ×100

▲ページ最上部へ

5. 原料米

良い酒を造るには、まず良い原料米を使わなければなりません。その中で、酒造りに適した良い米を「酒造好適米」と呼んでいます。その特徴は、大粒で心白があり、粗タンパク含量が一般米に比べて低く、吸水性が良く、蒸したときに「外硬内軟」の蒸水になりやすいという性質です。
代表的なもので、山田錦、雄町、八反錦、五百万石などがあります。
当社では、この性質に準じた県産米の「松山三井」も多く使用しています。

▲ページ最上部へ

6. 飲み方

雪雀では、5タイプの飲み方を、その酒にあわせて提案しています。
0〜5度 ロックで ・・・・ アルコール分の高いものなどは
5〜10度 冷やして ・・・・ 吟醸や生酒、生貯蔵酒といったものは
室温 そのままで
45〜50度 ぬる燗で ・・・・ 味の幅がある酒質のものは
50〜55度 上燗で ・・・・ 味の幅がある酒質のものは

◎印が最適とされ、×印は適さないものを示しています(当社の規定において)。しかし、日本酒の飲み方は個々の自由ですので、個人の好みにより、飲み方は自由です。これは、一応の目安として考えて下さい。

▲ページ最上部へ

←Back